Access&Information

アクセスとインフォメーション

DETAILING

ディテーリング

メルセデスベンツ・E400ハイブリッド 室内清掃


皆さんこんにちは!

最近はメルセデスベンツの施工が多くなってきています。ネームバリューとその完成度の高さで、とくに販売数も増えてきているようですね。

今日も洗車に命を懸けている高野です! 今回は納車前の室内清掃について紹介します。

 

題材はE400ハイブリッドです。

このモデルはEクラスとしては初めてのハイブリッドで、モーターのみで走行が出来るシステム(1km、速度35km/hまで)を組み合わせています。

 

 

 

V6 3.5リッターの自然吸気エンジン(306ps)に20kw(27ps)のモーターを組み合わせ、約15.2km/Lの燃費を記録。

また高速走行時にアクセルを閉じた際、エンジン停止での惰性走行も可能です。

 

 

 

3連メーターの左へハイブリッドメーターが配置(通常は水温計)されているのが、ハイブリッドの証。

メーター中央のマルチファンクションディスプレイとインパネのモニターにもエネルギーフローが表示されることで、

より大きく鮮明に車体の加減速によるエネルギーの流れを見ることができますね。

 

 

 

そんなE400ハイブリッドを納車前に室内清掃していきます。

このクラスの車両は、中古車でも非常にキレイな状態を保っている個体が多く、一見すると室内の清掃をしなくても大丈夫のように見えますが、

細かくチェックしていくと見えない部分の汚れが出てきます。

 

 

 

一番汚れやすいフロアマットはすべて取り出し、汚れを落としていきます。

特殊シャンプーを全体にまんべんなく吹いて汚れを浮き出し、タオルで丁寧に手を使って拭き取っていきます。

 

 

 

見た目全く汚れていないマットも特殊シャンプーを使っていくと、ほらこのようにビッシリ汚れが取れました。

黒いマットは見えにくいですが、じつはかなり汚れていることも多いですね。

 

 

 

掃除機を使用する際も、単にホコリやゴミを吸い取るだけでなく、シートステッチの窪んでいる部分はとくに念入りに吸い出します。

レザーシートなどは、傷みやすい生地なので慎重に丁寧にが基本です。

 

 

 

アクセルやブレーキペダルも、丁寧にタオルを使用して汚れを落としていきます。

ここは靴に付いた汚れが直に付着する場所ですので、ペダルの滑りなどを事前に防ぐためにも掃除は欠かせません。

 

 

 

室内ではないですが、エンブレムやモールの隙間も汚れやすい部分。

特殊溶剤をやわらかいブラシに付けて、隙間の奥の汚れもしっかり掻き出します。

こういった隙間の汚れは何げに外から目立つ部分なんですよね。

 

 

 

 

洗車前の準備段階やボディコーティングの前には室内清掃は必須です。

この地道な細かい作業が仕上がりに大きな違いをもたらすので、どこも手を抜くことは出来ません。

その分納車したときのお客様の笑顔は、何事にも代えがたい満足度が得られますね!

 

担当:高野

 

【今日のどうでもいい豆知識】

・ 「ん」から始まる日本人の苗字がある

「栂村」(んがむら)、「兼坂」(んねさか)、「馬越」(んまこし)、「篠崎」(んのざき)と実際に「ん」から始まる苗字がある。

 

お問い合わせ

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

E-mail:autotechnicalbase@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(年中無休)

店舗情報:アクセス

 

トップランク船橋・セカンドベース

〒274-0822

千葉県船橋市飯山満町1-627-1

TEL:047-411-5410  FAX:047-411-5414

E-mail:info@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス