Access&Information

アクセスとインフォメーション

MAINTENANCE

点検・整備

ホンダ・シビック スプールバルブパッキン交換


VTECカムの切り替え機構からオイル漏れ!!
経年劣化のパッキン交換は必須!

 

皆さんこんにちは。

クルマは発売後10年を超えてから急激にパーツの経年劣化が進み、大きなトラブルに発展することも少なくありません。

とくにオイル漏れやブッシュ切れなど、ゴム類の劣化が原因のトラブルは致し方ないところです。

 

 

 

今回入庫してきたお車はシビックで、発売当時はレースでも大活躍した名車です。

エンジンは低速と高速でカム山を切り替える「VTEC」という斬新な機構を導入して、ターボ車にもひけを取らないリッター100psを達成しました。今でも人気ですね!

 

 

 

走行距離は20万kmを超えており、タイミングベルトは交換済でしたが、エンジンルーム内のオイル漏れが酷いということで、その周辺を重点的にチェックすることになりました。

 

 

早速下まわりを点検すると、オイルパンやエキゾーストにはオイルがべっとりこびり付いています。

オイルの出所をたどっていくと、原因はVTECカムの切り替えを制御するスプールバルブからのオイル漏れでした。

 

 

 

スプールバルブはVTECエンジン定番のオイル漏れ箇所で、カムの切り替えのために高い油圧がかかる部分であり、

この漏れを放っておくと油圧不足でカムの切り替えが出来なくなるばかりか、最悪エンジンがかからなくなる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

まずはエンジンからスプールバルブを外します。

ボルトと共にプラスチック製のカプラーも固着しているので、割らないよう慎重に。

中にはパッキンが入っていて、このパッキンの劣化によりオイル漏れが発生していました。

 

 

 

スプールバルブパッキンはセンターにフィルターが付いているタイプです。

見た目にはそんなに違いはないですが、ゴムの劣化で硬くなっていました。

 

 

 

スプールバルブとエンジン側に付いたオイルを拭き取り、しっかりと清掃・脱脂してパッキンを入れ元に戻します。

この固定するボルトは締め付けトルクがかなり低い(1.2kgf・m)ため、ねじ切らないよう注意しながら締め込みます。

 

 

 

あとはオイル漏れ部分を含むエンジンルーム全体をキレイに清掃後、最後に走行チェックで漏れが出ていないか確認して問題なければ作業終了です!

 

 

価値の高いクルマを長く大事に乗るためには、定期的なメンテナンスは欠かせません。

結果的に大きな出費を抑えることにも繋がりますので、チェックの為の入庫もご相談ください。

 

 

担当:佐藤

 

 

他の作業実例一覧

 

 

 

【今日のどうでもいい豆知識】

・“勉強する”のインドネシア語は「ブラジャー」

インドネシア語で勉強するは「ブラジャー」という意味。ちなみに「ブラジャーブランブラン」は、ぼちぼち勉強する。「ブラジャーガンバル」は、絵を勉強するという意味になる。

 

 

お問い合わせ

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

E-mail:autotechnicalbase@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス

 

トップランク船橋

〒273-0002

千葉県船橋市東船橋2-21-1

TEL:047-422-1707  FAX:047-422-1712

E-mail:info@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス

 

トップランク船橋・セカンドベース

〒274-0822

千葉県船橋市飯山満町1-627-1

TEL:047-411-5410  FAX:047-411-5414

E-mail:info@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)