Access&Information

アクセスとインフォメーション

MAINTENANCE

点検・整備

マクラーレン・MP4-12C オイル交換

ドライサンプは2箇所でオイル抜き!
指定オイル定期交換で高性能持続!!

 

皆さんこんにちは!

前回ワイパーモーター交換で入庫していたマクラーレンです。

その作業と同時にオイル交換もおこないリフレッシュしましたが、通常のオイル交換方法とは少し様相が異なるようで…

 

 

 

エンジンはミッドシップに搭載されており、車体下部はフラット形状になっているので、センターパネルを外すと隠れていたエンジンが現われます。

 

 

オイル潤滑はドライサンプ方式の為、別体のオイルタンクがエンジンの前に配置されています。

オイルを抜く際は、真ん中のクランクケース側と右下のオイルタンク側の2箇所からオイルを抜かなければなりません。

 

 

オイルタンク側のオイルと、エンジン内に溜まっているクランクケース側のオイルを抜きます。

エンジン側のネジはトルクスソケットで回していきます。

 

 

MP4-12CはMobil 1の粘度0w-40が指定オイルなので、オイルフィルターを交換したあとMobilオイルを注入。

フィルターはエンジン上部から外すタイプで、ソケットの大きさはなんと32mm(◎_◎;)  めったに使用することない大きさですね…。

 

 

オイルはオイルタンク側とクランクケース側に分配されるので、これは相当な量が必要だぜぇーーと思われがちですが、

実際にはオイルフィルター交換分も含め、6Lも入れれば多いくらいです(^^;)

 

 

オイルの注入量をチェックするには、ディスプレイで設定された方法に従って操作します。

エンジンをかけ、回転数を2000rpmでキープしたまま10秒間待ちます。

 

 

そうするとオイルゲージ量を車両側が測定し、規定値内に収まっていればOKマークが出ます。

完全暖気状態で再確認したら、オイル交換はこれにて終了です。

 

 

高性能なスーパーカーを気持ちよく走らせて性能を維持していくためには、こまめなメンテナンスとオイル交換が大事です。

とくにサーキットなどで高速走行したあとは、毎回の交換が必要ですね!

 

 

 

担当:松下

 

他の作業実例一覧

 

 

【今日のどうでもいい豆知識】

・ダイヤは燃える
鉱物の中で最も硬いと言われているダイヤモンド。その正体は炭素の結晶から出来ていて、熱伝導率も高く、800度以上でダイヤモンドは炭化してなくなってしまう。

但し、充分な酸素と高い温度が必須条件なので、ライターで炙ったくらいではダイヤモンドは燃えない。

 

 

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス