Access&Information

アクセスとインフォメーション

GT-R

GT-R

  •   2017.02.17
  •   GT-R

日産・32GT-R ブレーキマスターシリンダー交換


フルード漏れによるブレーキタッチの悪化に注意!!
マスターシリンダー交換で見た目もフィーリングもリフレッシュ!

 

 

 

皆さんこんにちは。

毎日様々なGT-Rをメンテナンスしていますと、自分のGT-Rのメンテがおろそかになってしまい、

この間オイルクーラーホースからオイルが漏れていることに気付き、あわてて修理しました(笑)。

ちゃんと定期的に診てあげないとダメですね……佐藤です。

さてさて、今回はブレーキマスターシリンダーの交換になります。

 

 

 

 

 

お客様からお預かりしたクルマは32GT-Rで、最近では珍しいプロジェクターライト装着車両になりますね。

これはこれでカッコイイのですが、光の照射角が狭いところが悩みどころです(^^;)

 

 

 

サーキットをガンガン走行している車両だけでなく街乗りメインで使用している車両も、マスターシリンダー本体は25年程度経過していることもあり、

写真のように劣化が激しい物が多いです。

 

 

 

 

このマスターシリンダーは、中のゴムのOリング劣化によりブレーキフルード漏れが発生していました。マスターバックにもフルード痕がベッタリです。

ということで、まずはマスターシリンダーを取り外します。

 

 

 

取り外しは特別なことはなく、ブレーキフルードを抜いてからブレーキラインを外して本体を外します。

このときにフレアナットを舐めないよう注意して外していきます。

 

 

 

フレアナットレンチも角度や使い勝手の良さを考えて、2種類以上はストックしています。

よくメガネレンチ自体を削って使っている方もいますが、ナットを舐める確率が高いので自分はオススメしません。

 

 

装着していたマスターシリンダーをバラしてみます。

中にはスプリング付きのシャフトが2本あり、そこにゴムのOリングでブレーキフルードの液圧をコントロールしているんですね。

 

このゴムが劣化してフルードが漏れてしまっていたワケです。

 

 

新品のマスターシリンダーを準備します。ブレーキフルードの液漏れということで、シリンダーの中身だけを交換するオーバーホールキットも販売されていますが、

今回は本体自体の劣化も著しいということで全交換となりました。

 

 

 

余談ですが、32GT-Rには通常のマスターシリンダーの他にNISMO製のマスターシリンダーがあります。

通常はフロントのブレーキラインが途中から2系統に分岐されていますが、GT-R NISMOはABSが付いていない為、本体から左右ラインを独立して分岐させているんですね。

 

 

 

新品のマスターシリンダーを取り付けます。新品交換後のキャップは全て黒から黄色に変わっているので、ほかのGT-Rをメンテナンスするときにもわかりやすいです。

見た目もリフレッシュですね!

 

 

装着後はブレーキフルードを充填させて、最後にエア抜きをしっかりおこないます。カップ内のブレーキフルードがなくならないように4輪のエア抜きをしていきます。

 

 

マスターシリンダーから一番遠いところ(左後輪)からエアを抜いていくのが基本ですね。

しっかりとエアが抜けて踏みごたえが出てきているか、足の感覚でも細かくチェックです。

 

 

最後にマスターシリンダー周辺の液漏れ確認をして作業終了です。

今回は交換修理でしたが、ブレーキをブレンボ製などの大容量キャリパーに変えた際は、容量に合ったマスターシリンダーの装着が必要になりますヨ!

その話題はまたの機会に(^^ゞ

 

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

【担当者のプライベートを紹介。知らない新たな一面が見える!?】

 

 

沼津港にある「魚河岸・丸天」といえば、静岡の人間のみならず県外の方にも知られている有名店です。

先日久々に家族で食べに行こうと、フラッと訪れてみました。

 

 

 

魚河岸 丸天といえばコレ。超巨大な「海鮮かき揚げ丼」です(笑) その厚みはなんと20cm!

豪快な外観とは別に繊細な味で美味しいのですが、大人1人でも充分な量のため、最後は家族総出で食べ切ります(^^;)

 

 

自分のオススメは、この「まぐろのフルテールシチュー」。出された瞬間はハンバーグにしか見えないのですが、中を割ってみるとアラ不思議!

丸ごとまぐろ肉が詰まっています。味も魚のうまみが凝縮されていて、とろける美味しさですねー。

 

 

【今日のどうでもいい豆知識】

画家ゴッホは生前に1枚しか絵が売れなかった

ちなみに絵の題名は「赤い葡萄畑」で、その買い手はゴッホの友人であり400フランで購入したと言われている。

 

 

 

 

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス