Access&Information

アクセスとインフォメーション

DETAILING

ディテーリング

BMW・M5 G’zoxボディコーティング


ガラス系被膜で光沢アップ&ボディ保護!!
磨き効果でメタリック色もより鮮明に!

 

皆さんこんにちは!

春は入学・入社シーズンですね。期の変わり目にクルマを買い替えるお客様も多く、追加でボディコーティングの依頼も増えてきました。

さて今回は、ブラックの光沢が鮮やかなBMWの磨き&ガラス系コーティングを施工しました。

 

施工車両はハイパワーサルーンの代名詞ともいえるBMWのM5です。

このE60型M5は先代モデルになりますが、今でも好んで乗られている方が多い人気車です。

 

 

 

先代M5の特徴は、何といってもエンジンに尽きます! 

発売当時のF1の主流は自然吸気高回転型V10エンジンで、その市販バージョンともいえる5リッターV10エンジンは507psを発揮。

その暴力的な加速は多くのファンを虜にしました。

 

 

 

このクルマはKWの車高調やARQRAYのマフラー、KohlenstoffのカーボンディフューザーにHAMANNの鍛造20インチホイール等、

しっかりカスタムメイドされたM5で、オーナーの気分を高揚させる要素が揃っていますね。

まさにクルマと一体化し「駆け抜ける歓び」を感じられます。

 

 

 

ということで、早速ボディを磨いていきます!

コーティングを施す前の下地作りは非常に重要で、研磨後の塗膜面への定着度を高める脱脂作業が、ボディ光沢や撥水効果の全てに影響してきます。

 

 

 

ブラックのボディ色は、雨染みのウォータースポットや表面がギラついて見えるオーロラが目立ちやすい色ですので、

磨きをかける際もより慎重に、磨き残しやムラが出ないよう施工しています。

 

 

 

ボディの磨きが終了したところでコーティングです。

このリアルガラスコートは表面の光沢や撥水持続効果はもちろんのこと、コーティングの被膜形成によって汚れも固着しにくく、水洗いだけで簡単に汚れを落とすことが可能です。

 

Before

 

After

ボンネット部分を見比べてみます。ピントが合っていないボケた感じに見えるライトが、クッキリと写るようになりました。

 

Before

 

After

こちらはCピラー部分ですが、ボディへの映り込みがシャープになったのはもちろんのこと、ブラックのメタリック色がより鮮明に際立って見えますね♪

 

 

 

光沢&撥水ボディを持続させたい!!

そんな方には、リアルガラスコートをお勧めしています。

また高級ガラス系コーティングだけでなく、コストパフォーマンスの高い簡易コーティング(T-グロス)もお問い合わせください!

 

 

担当:岩井

【今日のどうでもいい豆知識】

・ 「藤原の効果」とは

2つの異なる熱帯低気圧が干渉した場合、通常とは異なる進路をとる現象をいう。
理由は1921年に当時の中央気象台所長の藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱したため。

 

お問い合わせ

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

E-mail:autotechnicalbase@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(年中無休)

店舗情報:アクセス

 

トップランク船橋・セカンドベース

〒274-0822

千葉県船橋市飯山満町1-627-1

TEL:047-411-5410  FAX:047-411-5414

E-mail:info@toprank.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)