Access&Information

アクセスとインフォメーション

MAINTENANCE

点検・整備

ニッサン・S15シルビア ヘッドライトレンズ交換

ヘッドライトの曇りや黄ばみがレンズ交換で一新!
フロントフェイスを新車同様にイメージチェンジ!!

皆さんこんにちは。

製造から15年以上経過しているクルマは、使用環境にもよりますがヘッドライトの表面が曇ったり黄ばんでしまっている状況が多く見受けられます。

そのような場合、レンズ表面を磨いてコーティングする手段が一般的ですが、車種によってはレンズの表面のみを丸ごと交換して、高年式車のようにクリアなヘッドライトへ復活できる方法があるんです!

 

 

 

ヘッドライトレンズ交換は、以前のブログ(R34ヘッドライトレンズ交換)でも施工していますが、今回はS15シルビアが対象です。

レンズは黄ばみやすいのに、メーカーで新品を購入すると片側のみで約20万円!! 下手すると左右で中古車が1台買えてしまいます(;^ω^)

 

 

 

このように表面が黄ばんでしまっていると、見た目の問題だけでなくライトの光量が足りなくなり、車検にも適合不可となります。

もしカスタムで社外ライトバルブへ変更したとしても、せっかくのHIDやLEDの価値がなくなってしまいますよね。

 

 

 

ということで、早速レンズ交換作業に入ります。S15シルビアはフロントバンパー内の左右にネジがあるので、バンパーを外してからヘッドライトを外します。

ビスの数もそれほど多くないので、あっという間に左右ライト一式が取れました。

 

 

交換するレンズはワイズスクウェアのリペアレンズキットです。S15シルビアとR34スカイラインの2種類があり、

レンズ単体だけでなく、まわりのゴム類も新品で装着されているので、外側で見えるライト部分を丸ごとリフレッシュできてしまいます。

 

 

 

 

ライト本体をレンズとハウジングに分ける作業(通称:殻割り)に入ります。

ライトの接合部にはブチルゴムというゴム製のパッキンがついており、そのゴムにある程度熱を加えて柔らかくしてからレンズを剥がすので、

密閉された箱の中にライトを入れて熱風を送り込み、ゴムを柔らかくしていきます。

 

 

ヘッドライトが熱くなったところでハウジングからレンズを剥がします。

ゴムがチーズのように伸びるのを感じながら、ジワーッとゆっくり剥がしていくイメージですね。

ハウジングはプラスチックで出来ていて、折ったり曲げてしまう危険性があるので、ライト形状の角度が急な場所はとくに注意します。

 

 

 

外したレンズ側にはインナーライトカバーが付いているので、新品リペアレンズ側に付け替えておきます。

通常はハウジング側にゴミが入ることは少ないのですが、このライトはホコリ汚れが少しありましたので、インナーカバーと共に掃除してキレイにしておきました。

 

 

 

リペアレンズとハウジングを合体させます。S15シルビアのライトは少し複雑な曲線のデザインの為、レンズも直線的に入れるのではなく、少しずらしつつはめ込むのがコツですね。

ハウジングとレンズのスキマが出来ないよう、グッと押し込んでビスを止めたら完成です!

 

 

Before

 

 

After

フロントフェイスがすっかり新車のような輝きに生まれ変わりました!

交換前と交換後では、クルマのイメージが全然違いますね。

 

 

S15シルビアリペアレンズキットは当社で取り扱っておりますのでご相談ください。

製品価格:35,000円(左右セット:税込)

作業工賃は、バンパー脱着込みで35,000円(税抜)にて承っております。

 

 

担当:福山

 

 

他の作業実例一覧

 

 

 

【今日のどうでもいい豆知識】

運動不足とTVの視聴時間が長い人は認知症に注意!

若い頃から運動不足だったり1日のテレビ視聴時間が長い人は、脳の萎縮が起こりやすく中年以降の認知症リスクが上昇する。

さらに運動不足は過体重や肥満につながり、糖尿病や心疾患の発症リスクも高まるので、20分以上のウォーキング等で効果の高い有酸素運動を心掛けたい。

 

 

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス