Information

インフォメーション

NEWS & TOPICS

ニュース & トピックス

32GT-R タービンまわり排気漏れ修理

ネジ飛びによるガタからの排気漏れが原因!
O/Hキットでタービン周辺のガスケットを全て交換!!

 

 

 

皆さんこんにちは。GT-R佐藤です。

今回のクルマは、以前ブログにてドライブシャフトブーツ交換したR32GT-Rです。

納車も近くなり最終点検をしようとエンジンをかけたら、エンジンルーム内からブリブリと音が…

 

 

 

 

この紺メタリックカラーは純正色なんです。あまり見かけないだけに、よく見ると大人な感じでシブいですね。

一見ホイールとマフラーのみ交換のクルマに見えますが、要所要所に社外パーツを組み込みカスタムが施されています。

 

 

この音の原因は排気漏れによるものでした。とても心地悪い音ですよね~(*_*)

しかもタービンアウトレットからの排気漏れということで、タービンの脱着に伴うガスケット類を全て交換することになりました。

 

 

 

 

まずはタービン周辺にあるパーツをゴッソリ外していきます。

タービンはパイピングの下に二つ装着されているので、左バンク周辺の補器類はほぼ外すということですね(;^ω^)

 

 

 

 

タービンを外すのに、これだけのパーツ点数を外していかなければなりません。

作業内容としてはガスケット交換なのですが、作業時間がけっこうかかってしまいます。

 

 

 

 

 

排気漏れの原因を調べてみると…おや、アウトレット側に付くナットがほとんど取れてなくなっています。

これでタービン側とのスキマができてしまい、排気漏れをしていたようです。

ステンレスの社外アウトレットに交換済のクルマに良く見られる傾向ですね。

 

 

 

こちらは前側に付くタービンですが、ナットがなくなってはいないものの、緩んでいまにも外れそうな状態に。

自分の32GT-Rも、このナットがすっ飛んで同じように排気漏れしたことがありました…。

 

 

 

 

そういえばタービンがエンジンルームから取り出しにくいなぁ~と思っていたら、

ノーマルタービンではなくNISMOタービンがこのクルマに装着されていました(*‘ω‘ *)

シリアルプレートの真ん中に“RR”の文字が刻印されていればNISMOタービンの証です。

 

 

 

 

ついでに言うと、エキマニもNISMO用が装着されています。排気口の口径がノーマルよりも少し大きめなんですねー。

ガスケットの内径までには余裕があるので、ギリギリまで削り込むお店もあります。

 

 

 

これがタービンガスケットのオーバーホールキット一式です。

「まだキレイで使えそう」と思っても、ガスケットやOリングは再利用不可の部品なので、全て交換しないと意味がなくなってしまいますね。

 

 

 

ガスケット交換時にオススメなのは、緩み止め機能が付いたナットを使用すれば、振動や経年劣化による再発防止にも役立ちます。

こういった小さな気配りが大きなトラブル予防に繋がりますヨ!

 

 

タービンをクルマに戻す前に、遮熱板のボルトのひとつが折れてエキマニに付いていたので、ドリルで穴を開けてからタップでネジ山を切って修理しました。

古くなってくると錆びて折れてしまうネジもたくさんありますよね。

 

 

 

あとは慎重にタービンを元の位置に戻していきます。

ノーマルより若干大きめのNISMOタービンなので、戻すときもタイトなスぺースに入れるのにひと苦労です。

 

 

 

後ろ側のタービンを押し込みました。

ここからの難関は、エキマニを固定するナットを締めるのに手が入るスペースがほとんどなく、とても困難な作業なんです。

そこで活躍できるツールを紹介しちゃいましょう!

 

 

 

ロング板ラチェットーーーーーーーー!!

これは知り合いのショップオリジナルで製作していて、手の届きにくいスキマに差し込んでナットを締めていくシチュエーションには非常に重宝しています。

アダプターによりナット径も4種類こなせるツワモノです♪

 

 

 

こうやって遠くからシュコシュコと締めていけるのでラクチン!

作業時間がかなり短縮されました。

 

 

 

前側のタービン固定はロング板ラチェットが使えないので、エキマニをエンジン側とタービン側に分割した状態で、

タービン自体を少し下に押し込みつつソケット&エクステンションバーを差し込み、ナットを締め込んでいき固定させます。ホント細かい作業は苦手です…

 

 

 

エンジンルーム内の補器類を全て付け終わったところでフロントパイプを装着し、冷却水を入れてラジエターのエア抜きが完了すれば作業終了です。

タービン周辺からの排気漏れも消え、正常な心地よいRB26エンジン音に戻りました!

 

 

 

定期的なメンテナンスと早期発見で、他の関連トラブルを防ぐことが永続的にクルマに乗る秘訣です。

32GT-Rのお客様の入庫も増えてきていますので、一度メンテナンスのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

TOPRANK GT-R Page

 

Check out more GT-R repairs 

 
— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

 

【担当者のプライベートを紹介。知らない新たな一面が見える!?】

 

 

 

静岡・伊豆の土肥にある松原公園へギネスブック認定世界一の花時計を見に行ってきました。直径はなんと31m!

手前の人の大きさと比べてみると、時計の大きさがわかりますね。

時計のまわりには足つぼを刺激する石の健康歩道があり、靴を脱いで歩くと……チョー痛いです(*_*;

 

 

 

 

土肥には富士山や駿河湾を一望できる富士見遊歩道があります。「恋人岬」というバス停があることでも有名ですね。

この展望デッキは景色が良くてとても気持ちが良いのですが、今回は少し曇ってしまいました。

うっすらとですが、この丸の中に富士山が写っているの分かります!?

 

 

 

 

帰りにはわさびで有名な三島の「山本食品」に行って、わさび定食を食べてきました。

生のわさびをすりおろしてご飯にかけて食べるのですが、これがまた美味しかった~♪

右奥にある追加のコロッケは、B級グルメで有名な「みしまコロッケ」です(^^)

 

 

【今日のどうでもいい豆知識】


・エッフェル塔は夏に10cm以上高くなる

高さ324mのエッフェル塔は、気温の高くなる夏に鉄が熱で膨張するため10cm以上高くなる。
後発の東京タワーも夏に高さが変わるが、建築技術の進歩により2~3cm程度しか高くならない。
ちなみに634mのスカイツリーは、最新の技術と鋼鉄材により高さがほとんど変わらない。

 

 

トップランク・オートテクニカルベース

〒278-0005

千葉県野田市宮崎293-1

TEL:04-7128-7801  FAX:04-7128-7802

営業時間:AM10:00~PM7:00(月曜定休日)

店舗情報:アクセス

 




> 店舗一覧はこちら


最近投稿されたニュース&トピックス

作業実例カテゴリー一覧

作業実例一覧

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031